« 北極圏での全作業を停止する必要 | トップページ | 国際的理解は十分に得られている 量的・質的金融緩和 »

2014年9月20日 (土)

グラクソ・スミスクライン(GSK) 中国で贈賄への関与で罰金 30億元(4億8900万ドル)の判決

 新華社は、英国の製薬大手
   グラクソ・スミスクライン(GSK)
に対し、贈賄への関与で
   罰金 30億元(4億8900万ドル)
を科したと報道した。

 罰金はGSKの2013年の営業利益の約4%に相当するもの。
 GSKは第3・四半期に罰金支払いを計上、中国でのこの罰金の額は過去最高という。

 

 記事によればGSKの中国法人が今回の事件から教訓を学び法律に従って事業を展開することができれば、中国政府、および中国の消費者の信頼を再び得ることができると指摘した。

 

 中国における政府機関の同通信社は、政府の意向を反映する傾向がある。

 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
    

« 北極圏での全作業を停止する必要 | トップページ | 国際的理解は十分に得られている 量的・質的金融緩和 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« 北極圏での全作業を停止する必要 | トップページ | 国際的理解は十分に得られている 量的・質的金融緩和 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ