« ウクライナで軍事演習を開始(NATO) | トップページ | 8月英国のインフレ率は1.5%に低下 5年で最低水準に並ぶ »

2014年9月16日 (火)

短期的な経済への圧迫に耐え切れるかどうか

 IHSグローバル・インサイトの英国・欧州担当チーフエコノミスト
   ハワード・アーチャー氏
はメディアとのインタビューで、スコットランド経済が長期的にはどんなに強くなるとしても、18日に独立を選択すれば短期的に深刻な打撃を受ける可能性が高い。

 スコットランド経済から短期的に資金が流出することは確実だと指摘した。

 
 
 
 
 

ひとこと

 スコットランドが独立を選択した場合に生じる経済的な負担は予想が出来ない。予想が出来ない経済は企業にとっては負担を受けることになるため、資金を投資する可能性は少なく逆に資産価値の目減りを避けるために資金を退避させて来るだろう。
 投資が減少すれば、付加価値が低下し政府の運営を行うために税収も当然少なくなる。

 負のスパイラルに陥る可能性が高いため、投資を維持するところも少なくなるだろう。

 
  
 
 
 
   

« ウクライナで軍事演習を開始(NATO) | トップページ | 8月英国のインフレ率は1.5%に低下 5年で最低水準に並ぶ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短期的な経済への圧迫に耐え切れるかどうか:

« ウクライナで軍事演習を開始(NATO) | トップページ | 8月英国のインフレ率は1.5%に低下 5年で最低水準に並ぶ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ