« 「イスラム国(IS)」、パリと米国の地下鉄攻撃を計画(イラク首相 ) | トップページ | 原油の需給ファンダメンタルズの見通しも良くなるだろう »

2014年9月27日 (土)

NY時間 外為市場で米GDPが上方修正し米ドルが上昇 円は109.50円台まで下落

 NY時間外国為替市場では4-6月(第2四半期)の
   米実質国内総生産(GDP)確定値
が改定値から上方修正されたことを受けて、利上げが正当化されるとの見方が強まったり米ドル買いが膨らみ、ドル指数は6営業日続伸した。

 

 

 市場では米国債利回りが上昇し、ドル建て資産の魅力が高まったことなどを背景に年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が
   海外資産投資
の増加につながる改革を推進するとの観測が強まり、円は落し対米ドルでは6年ぶりの安値に近づいた。

 

 

 ユーロは1年10カ月ぶりの安値に下落した。

 

 また、ロシア・ルーブルを中心に新興国通貨も値下がりした。

 

 

 

 

 

« 「イスラム国(IS)」、パリと米国の地下鉄攻撃を計画(イラク首相 ) | トップページ | 原油の需給ファンダメンタルズの見通しも良くなるだろう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「イスラム国(IS)」、パリと米国の地下鉄攻撃を計画(イラク首相 ) | トップページ | 原油の需給ファンダメンタルズの見通しも良くなるだろう »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ