« NY連銀のダドリー総裁が一歩踏み出せば、連邦公開市場委員会(FOMC)は後からついて来る。 | トップページ | 米国労働市場は非常に順調 »

2014年9月26日 (金)

最初の利上げ、来年半ばか後半の公算大

 アトランタ地区連銀の
   ロックハート総裁
はミシシッピ州ジャクソンでの講演で、労働市場の改善や物価上昇で、2015年の半ばもしくは後半に
   利上げを開始する環境
が整う可能性が高いとの認識を示した。

 

 経済成長率については今年後半と来年については3%前後とし、インフレ率は
   「徐々に安定」
して金融当局の目標である2%に向かうと予想した。

 

 自身の見通しをめぐるリスクについては全般的に見て
   「適度にバランスが取れている」
と述べた上で、インフレ率が低過ぎる期間についてより懸念していると続けた。

 

 

 ただ、現時点では、目標を下回る期間が長期化することを懸念しているとの認識を示し、インフレ期待は
   「しっかりと抑制」
されており、企業には価格決定力がないと指摘した。



 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

   

 

   
         

« NY連銀のダドリー総裁が一歩踏み出せば、連邦公開市場委員会(FOMC)は後からついて来る。 | トップページ | 米国労働市場は非常に順調 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最初の利上げ、来年半ばか後半の公算大:

« NY連銀のダドリー総裁が一歩踏み出せば、連邦公開市場委員会(FOMC)は後からついて来る。 | トップページ | 米国労働市場は非常に順調 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ