« 資産バブルの再燃を避けるための取り組み強化 | トップページ | ウクライナのドネツク空港などで戦闘 »

2014年9月16日 (火)

金の取引価格は需給面から底支え。投資は様子見モード。

 ヘレウス・メタルズ・ニューヨークのセールス・マーケティング・マネジャー
   ミゲル・ペレスサンタラ氏
はインドの金の輸入急増のニュースが市場に伝わり金が安値から反発したことに対し、メディアの電話インタビューで、引き続き現物買いに金の取引価格は支えられていると指摘した。

 

 なお、現状市場における最大の関心は
   連邦公開市場委員会(FOMC)
の利上げのプロセスにおける時期の判断であって、投資家の多くは様子見モードとなっている。

 
 
 
   
 
   

  

 
 
 
 
   
 

« 資産バブルの再燃を避けるための取り組み強化 | トップページ | ウクライナのドネツク空港などで戦闘 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金の取引価格は需給面から底支え。投資は様子見モード。:

« 資産バブルの再燃を避けるための取り組み強化 | トップページ | ウクライナのドネツク空港などで戦闘 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ