« エボラ出血熱の感染疑われたエールフランスの乗客は陰性 | トップページ | 米国住宅市場 着工件数のトレンドは引き続き上向きだと »

2014年10月18日 (土)

米国消費者マインド指数 10月速報86.4に上昇

 10月の米消費者マインド指数は市場予想に反して上昇し、7年ぶり高水準となった。

 10月の米トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数 (速報値)は
   86.4(前月 84.6)
と、2007年7月以来の高水準となった。

 

 事前のエコノミスト予想値は84だった。

 現在の景況感 を示す指数は98.9で前月から変わらずだった。

 

 6カ月先の先行き景況感を示す期待指数 は78.4(前月75.4)に上昇し、2年ぶり高水準となった。






 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 
 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報




最近の科学・医療関連記事

 ■ 地球温暖化による海水の酸化、魚が生存本能失う可能性 研究
 ■ 米国防総省DARPA、記憶回復装置の研究に助成 40億円
 ■ 読解力と計算力、共通の遺伝子が関与か 英研究

 


 

 

 

 

« エボラ出血熱の感染疑われたエールフランスの乗客は陰性 | トップページ | 米国住宅市場 着工件数のトレンドは引き続き上向きだと »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国消費者マインド指数 10月速報86.4に上昇:

« エボラ出血熱の感染疑われたエールフランスの乗客は陰性 | トップページ | 米国住宅市場 着工件数のトレンドは引き続き上向きだと »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ