« 米国での買収が奏功 | トップページ | 不吉な何かの始まり »

2014年10月17日 (金)

NY外為市場 米ドルが米国経済が日欧より堅調との見通しで上昇

 
 NY時間の外国為替市場では米ドルが主要通貨の大半に対して上昇した。
 
 セントルイス地区連銀のブラード総裁が米経済の
   ファンダメンタルズ(基礎的諸条件)
は米国債利回りが上昇したことが背景に、なお力強いと評価した。
 
 ユーロ圏周辺国が再び金融危機に陥るとの懸念が強まり、ユーロは下落した。
 
 欧州や日本の経済に比べて米経済が堅調に推移するとの見通しに加え、前日の対円での米ドルの下げは行き過ぎだったとの見方から買いが入った。
 
 米ドルに対して豪ドルとニュージーランド・ドルの下げが目立った。






 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 
 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報




最近の科学・医療関連記事

 ■ 肉体的な死後も「意識」はあるか
 ■ 人は独りで考えにふけるくらいなら不快な刺激を好む
 ■ チベット人の高地適応能力、絶滅人類系統から獲得か

 


 

 

 

 

« 米国での買収が奏功 | トップページ | 不吉な何かの始まり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 米国での買収が奏功 | トップページ | 不吉な何かの始まり »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ