« 米ドル・円 サポート107.60円が維持できるかどうか | トップページ | 軍事境界線をはさんで銃撃戦 »

2014年10月11日 (土)

ユーロ・円 売り継続

 

・ 市場の動き

 ユーロ円は週末、経済指標の悪化から売りが強まりサポートの136.60円が割れ135.83円まで一時値を消した。

 

・ 今後の展開予想
 
 1時間足でみれば一目均衡表の雲は買いから売りに変化し、137.20円を中心に波打つ動きに変化した。

 取引は売りが続きサポートの136.80円を割り込み底値を緩めた。

 

 4時間足で見れば一目均衡表の雲は139.80円の切れ目から売で下降する動きが続き137.50円まで下縁が緩んだ。

 取引はサポートの136.50円のラインが崩壊した。

 

 目先、週明けは様子見。雲は水平から下降を再開し始めており括れができているが、買い戻しの反応が起こるかどうか。

 買いが入れば136.90円目標だが、可能性は少ないだろう。売りが続くと9月5日の安値135.81円を意識することになる。

 

 

 

Investing.comInvesting.com 日本 によって機能された外国為替チャート。

 

 

 

 

 

              ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

     

 

« 米ドル・円 サポート107.60円が維持できるかどうか | トップページ | 軍事境界線をはさんで銃撃戦 »

為替相場考察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ・円 売り継続:

« 米ドル・円 サポート107.60円が維持できるかどうか | トップページ | 軍事境界線をはさんで銃撃戦 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ