« OPECの原油増産の動きは市場におけるシェア争いのひとつ。 | トップページ | 米国当局ではエボラ熱の拡大で航空面の検疫強化 »

2014年10月12日 (日)

ポンド・円 173円が底値で維持できれば反発も可能かも。

 

・ 市場の動き

 ポンド円は一目均衡表の雲を割り込み下落する動きが継続し一時172.73円まで底値が緩んだ。


・ 今後の展開予想

 1時間足で見ると一目均衡表の雲は172.20円の切れ目から下向きに流れ170.50円まで下縁が下降した。

 取引では売で底値が緩み173.75円のサポート付近で足踏んだが売りが強まり崩壊して週末23時に安値172.73円まで沈んだ。

 

 4時間足で見ると一目均衡表の雲は売りに押され175.50円まで下縁が緩んでいる。

 取引は下向で売りが続きサポートの173.50円が崩れた。

 

 目先、週明けは様子見状態となる見込み。一目均衡表の雲は水平で厚みが安定しており買い戻しが入る可能性は少ない。ただ、173円が底値で維持できれば175円付近まで戻ることも。

 

 

Investing.comInvesting.com 日本 によって機能された外国為替チャート。

 

 

 

 

 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 



;

 

« OPECの原油増産の動きは市場におけるシェア争いのひとつ。 | トップページ | 米国当局ではエボラ熱の拡大で航空面の検疫強化 »

為替相場考察」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポンド・円 173円が底値で維持できれば反発も可能かも。:

« OPECの原油増産の動きは市場におけるシェア争いのひとつ。 | トップページ | 米国当局ではエボラ熱の拡大で航空面の検疫強化 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ