« 不吉な何かの始まり | トップページ | エボラ出血熱の感染疑われたエールフランスの乗客は陰性 »

2014年10月17日 (金)

原油が1バレル80ドル割れ後、買い戻しで反発。

 シティ・フューチャーズ・パースペクティブ(ニューヨーク)のエネルギーアナリスト
   ティム・エバンス氏
は原油相場はテクニカル的にかなり売られ過ぎており、市場は売り疲れの状態だった。



 石油製品の在庫がそこそこ減少したことも、相場にプラスに働いたと述べた。






 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 
 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報




最近の科学・医療関連記事

 ■ 動作から感情を認識することが可能
 ■ アンチエイジングライフでがん予防
 ■ チンパンジーの「手話」を一部解読

 


 

 

 

 

« 不吉な何かの始まり | トップページ | エボラ出血熱の感染疑われたエールフランスの乗客は陰性 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原油が1バレル80ドル割れ後、買い戻しで反発。:

« 不吉な何かの始まり | トップページ | エボラ出血熱の感染疑われたエールフランスの乗客は陰性 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ