« 米国の10月の住宅建設許可件数は6年ぶり高水準 | トップページ | エルビルで自爆テロ »

2014年11月20日 (木)

量的緩和の効果に懐疑的な発言

 欧州債市場では19日、欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー
   クノット・オランダ中銀総裁
がECBが経済対策として主導している量的緩和の効果に懐疑的な発言をしたため、実施は困難との見方が浮上、ユーロ参加国の国債が総じて下落した。

 
 
 
 
  

« 米国の10月の住宅建設許可件数は6年ぶり高水準 | トップページ | エルビルで自爆テロ »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 量的緩和の効果に懐疑的な発言:

« 米国の10月の住宅建設許可件数は6年ぶり高水準 | トップページ | エルビルで自爆テロ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ