« 干支(えと) | トップページ |  ギリシャ憲法の規定によってギリシャ議会は1月25日に解散? »

2014年12月30日 (火)

新たな深刻な危機にギリシャが陥るリスクは30%程度

 

 ドイツのベレンベルク銀行のチーフエコノミスト
   ホルガー・シュミーディング氏(ロンドン在勤)
はメディアの取材で、ギリシャ正解が流動的になっていることについて、短期的な不透明感どころか
   ユーロ離脱
の可能性をはらんだ新たな深刻な危機にギリシャが陥るリスクは30%程度あると述べ、これは重大なリスクだと続けた。


   
  
  

« 干支(えと) | トップページ |  ギリシャ憲法の規定によってギリシャ議会は1月25日に解散? »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新たな深刻な危機にギリシャが陥るリスクは30%程度:

« 干支(えと) | トップページ |  ギリシャ憲法の規定によってギリシャ議会は1月25日に解散? »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ