« サイバー攻撃と北朝鮮との関連を示す証拠 | トップページ | パソコンのハードディスク(HD)にドリルで穴あけデータを破壊 »

2014年12月20日 (土)

商品の投資判断を「オーバーウエート」とする時期ではない。

 

 約1兆4000億ドル相当の資産を運用するウェルズ・ファーゴ・アドバイザーズ(セントルイス)のシニア国際ストラテジスト

   サミーア・サマナ氏
は17日メディアとの電話インタビューで「商品の投資判断をオーバーウエートとする時期ではない」と指摘した。
 現時点での見通しは依然としてネガティブだと述べた。
 価格がさらに下落しても驚きではない。戦術的なポジションを取るつもりはないと続けた。
 
 
 
 
 
 
     

« サイバー攻撃と北朝鮮との関連を示す証拠 | トップページ | パソコンのハードディスク(HD)にドリルで穴あけデータを破壊 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商品の投資判断を「オーバーウエート」とする時期ではない。:

« サイバー攻撃と北朝鮮との関連を示す証拠 | トップページ | パソコンのハードディスク(HD)にドリルで穴あけデータを破壊 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ