« 岐阜県美濃東部で地震 | トップページ | 11月のユーロ圏製造業・サービス業 見積もり以上に鈍化 »

2014年12月 4日 (木)

欧州中央銀行(ECB) インフレ見通し悪化で来年3月に国債購入の計画?

 

 スイスの銀行UBSグループのラインハルト・クルース氏らエコノミストは3日のリポートで、従来の予想を変更し
   欧州中央銀行(ECB)
がユーロ圏の
   インフレ見通し悪化
に伴い来年3月に国債購入の計画を発表し、2年間で1兆ユーロ相当を買い入れるだろうとの見方を示した。


 

 国債購入の条件であるインフレ見通しの一段の低下が現実のものになり、ECBは追加行動を取るだろうと予想した。

 

 具体的には国債の購入が広範な量的緩和(QE)策に盛り込まれるだろうと述べ、これに対する政治的な抵抗は現在存在するが、最終的には弱まっていくであろうとしている。

 リポートでは原油安がユーロ圏のインフレ率を「極度に低く」抑え、インフレ期待も一段と低下するだろうと指摘した。

 

原油相場は今年に入り36%下落し、2009年以来の安値を付けた。

 

 ECBの国債購入を受けてユーロは15年末までに1ユーロ=1.15ドルまで下落し、10年物ドイツ国債利回りはQE発表後に0.5%まで下がるだろうとUBSは予想した。

 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 

 

  


 

 

 

 

 

« 岐阜県美濃東部で地震 | トップページ | 11月のユーロ圏製造業・サービス業 見積もり以上に鈍化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 岐阜県美濃東部で地震 | トップページ | 11月のユーロ圏製造業・サービス業 見積もり以上に鈍化 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ