« エネルギー価格の下落は消費支出を力強く喚起 | トップページ | 10月の建設支出(季節調整済み)は予想より拡大 »

2014年12月 2日 (火)

多くのファンドのリターンが期待外れ

  

 調査会社ヘッジファンド・リサーチ(HFR)のデータによると、多くのファンドのリターンが期待外れとなり、今年は前半だけで461のヘッジファンドが閉鎖され、金融危機以来のペースで頻発している。

 このペースが続けば、1023のファンドが清算に追い込まれた2009年以降で最悪の年となる。

 大手運営会社が資金集めで優位に立っている

 運用資産額370億ドル(約4兆3800億円)のヘッジファンド運営会社
    ブレバン・ハワード・アセット・マネジメント
は先週、ステファン・ニコラス氏が運用責任者を務める商品ヘッジファンド(運用資産額6億3000万ドル)の清算を決めた。

 同ファンドは、年初来のリターンが10月末時点で約4.3%のマイナスに落ち込んだ。



 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

  

 

  


 

 

 

 


  

« エネルギー価格の下落は消費支出を力強く喚起 | トップページ | 10月の建設支出(季節調整済み)は予想より拡大 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多くのファンドのリターンが期待外れ:

« エネルギー価格の下落は消費支出を力強く喚起 | トップページ | 10月の建設支出(季節調整済み)は予想より拡大 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ