« 既にQEを実施しているべきだと強く確信 | トップページ | 米ドル急伸 11月の雇用統計 雇用者は約3年ぶりの大幅な増加を記録 »

2014年12月 5日 (金)

ECBの資産購入を具体的対象を特定せずに拡大させることは可能

 大和証券キャピタル・マーケッツ・ヨーロッパのエコノミスト
   ロバート・クーンゼル氏
はフランクフルトで開催された4日の欧州中央銀行(ECB)定例政策委員会における
  ・ できる限り速くインフレ率を押し上げる方針
  ・ 現行措置の効果を見極めるべき
という2つの考え方について、ECBの資産購入を具体的対象を特定せずに拡大させるとの約束によって、折り合いをつけることは可能だと述べた。

 その意味で、この日の展開は革命的というより漸進的なものになるだろうとメディアの取材で話した。



 

      ↓  参考になったらクリックをお願いします。   ↓ 

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ FXランキングフィードメーター - 経済まねきねこ外国為替情報

 
 
 
    


 

 

 

 

« 既にQEを実施しているべきだと強く確信 | トップページ | 米ドル急伸 11月の雇用統計 雇用者は約3年ぶりの大幅な増加を記録 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 既にQEを実施しているべきだと強く確信 | トップページ | 米ドル急伸 11月の雇用統計 雇用者は約3年ぶりの大幅な増加を記録 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ