« 4月より前の利上げの可能性小さいと認識(FOMC議事録) | トップページ | 12月のユーロ圏消費者物価指数(CPI )速報値 »

2015年1月 8日 (木)

原油相場の反転の時期について語るのは意味がない。

 

 コメルツ銀行の商品調査責任者

   オイゲン・ワインベルク氏
は原油相場の反転の時期について語るのは意味がないと5日に電子メールで記述した。
 
 それは予測不可能で、ファンダメンタルズ面から特定不可能だと指摘した。
 

 北海ブレント原油相場は7日、1バレル=50ドルを割り込んだことについて、原油相場が今は需給よりもセンチメントで動いているためだとメディアの取材で述べた。

 
 
 
 

« 4月より前の利上げの可能性小さいと認識(FOMC議事録) | トップページ | 12月のユーロ圏消費者物価指数(CPI )速報値 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原油相場の反転の時期について語るのは意味がない。:

« 4月より前の利上げの可能性小さいと認識(FOMC議事録) | トップページ | 12月のユーロ圏消費者物価指数(CPI )速報値 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ