« 利益と損失の格差でボラリティが大きければ、読みが外れるとリスクは大きく増加 | トップページ | 米国は2015年中は利上げしない? »

2015年1月13日 (火)

ビル・グロース氏 「PIMCO側から解雇通知」を受けたと真相を語った。

 

 ビル・グロース氏はブルームバーグとのインタビューで、昨年のパシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)からの移籍について、PIMCO経営陣との間でグロース氏の性格やビジネスの方向性をめぐる意見の違いが鮮明になったため、執行委員会と報酬委員会、クローズエンド型ファンドの監督役を降りることを申し出たと明らかにした。

 
 

 ビル・グロース氏は昨年9月26日にジャナス・キャピタル・グループへの移籍を発表するまで、PIMCOで世界最大の債券ファンドを運用していた。

 

1971年に共同創設した同社から雇用関係を解消されたと同氏が公に語ったのは初めてのこと。

 

 ただ、同氏は創業者であり、名前だけでも会社のリーダーを執行委員会が解雇できるとは、まったく想定外だったと述べた。

 また、今だに理由は分からないが、会社はそれでは良くないと判断し、私を解雇したと語った。

 
 
 
    

« 利益と損失の格差でボラリティが大きければ、読みが外れるとリスクは大きく増加 | トップページ | 米国は2015年中は利上げしない? »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 利益と損失の格差でボラリティが大きければ、読みが外れるとリスクは大きく増加 | トップページ | 米国は2015年中は利上げしない? »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ