« 欧州周辺国債をオーバーウエートとする戦略を継続 | トップページ | 欧州域内の政治家らはギリシャを救済する義務はない »

2015年1月 3日 (土)

連邦準備理事会(FRB)は今年上半期中に利上げ開始に踏み切る可能性

 

 米国クリーブランド地区連銀の
   メスター総裁
は2日、フォックス・ビジネス・テレビに出演し、米国経済の足取りがかなり堅調であることを踏まえると、連邦準備理事会(FRB)は今年上半期中に利上げ開始に踏み切る可能性があるとの考えを示した。

 インフレ率はFRBの目標に向け段階的に上昇していくと見ている。
 このため、今年上半期中に利上げが実施されると予想していると述べた。

 その上でFRBは外部および市場に向けて地ならしを行っていくだろうと続けた。

 

 なお、金融引き締めは経済指標やインフレ、失業率の動向次第とした上で、
   実質資本利益率
の上昇に伴い、FRBの短期政策金利も上昇することが望ましいと語った。

 
 

 メスター総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持っていない。

 
 

 金融市場ではFRBが今年半ばにも利上げに踏み切ると見ており、具体的には6月、7月、9月のFOMCに注目している。

 
 
 
   
    
 

« 欧州周辺国債をオーバーウエートとする戦略を継続 | トップページ | 欧州域内の政治家らはギリシャを救済する義務はない »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 欧州周辺国債をオーバーウエートとする戦略を継続 | トップページ | 欧州域内の政治家らはギリシャを救済する義務はない »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ