« 需要は供給と比較しそこそこしっかりしている。 | トップページ | ブロッサム・ディアリー 子供のような独特の歌声が特徴のジャズ・シンガー »

2015年1月29日 (木)

宇宙が始まる前には何があったのか?


 ビッグバンの前には何があったのか?

 その最大の謎を、現代の量子物理学は解きあかしつつある。

 物質と反物質のわずかな非対称から生じたゆらぎ、それが今日の私たちの宇宙を形作った。

 それは無から有が生まれることであり、無からエネルギーが生じるという物理学の直感と常識に反したことだった。

 全米でベストセラー、アリゾナ州立大学の宇宙物理学者による衝撃の書。




      




ひとこと

 ビッグバーンという単一の宇宙論から多元的宇宙論、パラレルワールド、バブル宇宙論などいろいろなものが次から次と出てくる。

 見ることもできない存在の証拠がないものの存在が推測されるダークマター、ダークエネルギーなどは理論が確証に移れるかどうか。

 
   
  



 

« 需要は供給と比較しそこそこしっかりしている。 | トップページ | ブロッサム・ディアリー 子供のような独特の歌声が特徴のジャズ・シンガー »

今日の一冊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙が始まる前には何があったのか?:

« 需要は供給と比較しそこそこしっかりしている。 | トップページ | ブロッサム・ディアリー 子供のような独特の歌声が特徴のジャズ・シンガー »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ