« 1月の独企業景況感指数 3カ月連続で上昇 | トップページ | 「ギリシャ救済の問題点」は、実は救済ではないという点が問題。 »

2015年1月26日 (月)

人民元 対米ドルで続落、取引レンジ下限に接近

 

 中国人民元は26日、対米ドルで続落、2日間の下落率としては2008年以来の大きさとなった。

 中国人民銀行(中央銀行)が設定した中心レートからのディスカウント幅は過去最大を記録した。

  

 元は一時1ドル=6.2569元と、昨年6月以来の安値に下落した。

 

中心レートを1.89%下回った。

 

人民銀は元の中心レート を0.07%元安方向の6.1384元と、12月4日以来の低水準に設定した。

  
 
 
   

« 1月の独企業景況感指数 3カ月連続で上昇 | トップページ | 「ギリシャ救済の問題点」は、実は救済ではないという点が問題。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人民元 対米ドルで続落、取引レンジ下限に接近:

« 1月の独企業景況感指数 3カ月連続で上昇 | トップページ | 「ギリシャ救済の問題点」は、実は救済ではないという点が問題。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ