« リセッションを回避してもらっては困る? | トップページ | 米ドル高や金利上昇、米景気の改善が安全資産としての需要を抑える。 »

2015年1月29日 (木)

景気と労働市場の判断は引き上げ(FOMC)

 

 米連邦公開市場委員会(FOMC)は27、28両日開催した定例会合後に声明を発表した。

 

利上げに際して「辛抱強くなれる」との姿勢を維持した。

 なお、インフレ率がさらに低下すると予想しながらも、景気と労働市場の判断は引き上げた。

 
 

     

« リセッションを回避してもらっては困る? | トップページ | 米ドル高や金利上昇、米景気の改善が安全資産としての需要を抑える。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 景気と労働市場の判断は引き上げ(FOMC):

« リセッションを回避してもらっては困る? | トップページ | 米ドル高や金利上昇、米景気の改善が安全資産としての需要を抑える。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ