« ウクライナ東部で戦闘激化 | トップページ | ギリシャ債券についてヘアカットがないというのは朗報 »

2015年2月 4日 (水)

デンマーク中央銀行 ユーロ・ペッグ(連動)を防衛

 

 デンマーク中央銀行は1月に、過去最大規模のクローネ売りを実施した。投機家が中銀の決意を試す中でクローネのユーロ・ペッグ(連動)を防衛した。

 中銀は資本流入を抑えるため1月に3回の利下げを実施し、預金金利 をマイナス0.5%とした。

 

 このほか、前例のない政策パッケージを導入している。

 さらに、1063億クローネ(約1兆9200億円)相当の自国通貨売り介入を実施したことで外貨準備は過去最高の5641億クローネとなった。

 

 
 
     

« ウクライナ東部で戦闘激化 | トップページ | ギリシャ債券についてヘアカットがないというのは朗報 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デンマーク中央銀行 ユーロ・ペッグ(連動)を防衛:

« ウクライナ東部で戦闘激化 | トップページ | ギリシャ債券についてヘアカットがないというのは朗報 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ