« ねずみに支配された島 | トップページ | ギリシャの将来の資金繰り »

2015年2月15日 (日)

過激派の支配地域での海上封鎖などを提案

 

 過激派組織「イスラム国」系の武装勢力が北アフリカのリビアで勢力を広げている問題で、リビアの
   ムハンマド・ダーイリー外相
は18日、国連安全保障理事会の緊急会合に出席し、リビア軍を強化するため、安保理が2011年にリビアに科した武器禁輸の措置を解くよう求めた。

 

 リビアでは「イスラム国」がエジプト人21人を殺害したとみられる事件が起きた。

 ダーイリー氏は、過激派の脅威が「中東から北アフリカにかけての地中海エリアなどに広がった」と指摘した。 

 

その上で、リビアには軍の強化を支える国際社会の「断固とした姿勢」が必要で、武器の禁輸解除を求めていると訴えた。

 こうした対応に失敗すれば「過激派を利するだけ」とも述べた。

 

 隣国リビアにある「イスラム国」関連組織の拠点を空爆したエジプトのサーメハ・シュクリ外相も同日、安保理で演説し、リビアの過激派組織への武器流入を防ぐため、過激派の支配地域での海上封鎖などを提案した。

 
 
 
 

« ねずみに支配された島 | トップページ | ギリシャの将来の資金繰り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過激派の支配地域での海上封鎖などを提案:

« ねずみに支配された島 | トップページ | ギリシャの将来の資金繰り »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ