« アラブ合同軍 を創設する必要性 | トップページ | 1月の米中古住宅販売 は予想以上の落ち込み。 »

2015年2月24日 (火)

ヘッジファンドの金投資の熱が冷めるてる。

 

 ギリシャがデフォルト(債務不履行)回避とユーロ圏残留に向け債権者と対立しているにもかかわらず、投機家らは経済的・政治的混乱からの逃避先とされる金への投資を縮小した。

 米国政府のデータによれば、資産運用会社による金の買い越しはここ15週で最大の落ち込みを示し、 ヘッジファンドによる金への投資熱は最近、冷めつつある。

 株式市場の時価総額が
   先週67兆ドル(約8000兆円)
を超え、ドル相場が少なくとも10年ぶりの高水準に上昇する中、上場取引型金融商品(ETP)を通じて保有される金の価値は今月に入って40億ドルも失われた。

 
 

 米国の商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、金の先物とオプションの買越残高は17日終了週に18%減の11万164枚だった。

 3週連続の減少は昨年11月以降で最長となる。

 
 
 
   

« アラブ合同軍 を創設する必要性 | トップページ | 1月の米中古住宅販売 は予想以上の落ち込み。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘッジファンドの金投資の熱が冷めるてる。:

« アラブ合同軍 を創設する必要性 | トップページ | 1月の米中古住宅販売 は予想以上の落ち込み。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ