« 1月12日以来ほぼ4週ぶりの円安・ドル高水準を付けた。 | トップページ | アラブ首長国連邦(UAE) 「イスラム国(ISIS)」のシリア領内拠点への空爆を再開 »

2015年2月 7日 (土)

原油市場は底を確認しようとして いる段階

 

 コンフルエンス・インベストメント・マネジメント(セントルイス)の市場担当チーフストラテジスト
   ビル・オグレイディ氏
は原油市場は底を確認しようとしている段階だと指摘した。

   

 長期的には60ドルが恐らく、転換ポイントとなりそうだと述べ適正水準に対する見方が分かれているときは大抵、ボラティリティーが高く なると続けた。 
 
  

  

ひとこと

 原油市場が下げ止まってきた感じもあるが、判断は難しいだろう。

 既存の油井の利益が出なくなる分岐点は1バレル15ドル程度でも9割以上あるとも言われている。

 コストが大きな新設の油井を掘削するドリル数は大きく減少している。

 新規の原油を生み出す油井は少なくなりつつあるため、景気回復が強まれば需要が大きくなるとの思惑があるのだろう。

 ただ、単純にこうした反発の動きが出るかどうかの判断はリスクが大きい。

 
 
 
    
 
 
 
 
   

 

« 1月12日以来ほぼ4週ぶりの円安・ドル高水準を付けた。 | トップページ | アラブ首長国連邦(UAE) 「イスラム国(ISIS)」のシリア領内拠点への空爆を再開 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原油市場は底を確認しようとして いる段階:

« 1月12日以来ほぼ4週ぶりの円安・ドル高水準を付けた。 | トップページ | アラブ首長国連邦(UAE) 「イスラム国(ISIS)」のシリア領内拠点への空爆を再開 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ