« 力を誇示する狙い | トップページ | 行く末を予想する上で過去の記録はほとんど参考にならない。 »

2015年2月19日 (木)

終末高高度防衛(THAAD)ミサイル防衛システム

 

 米国防総省のカービー報道官は13日の定例記者会見で、最新鋭迎撃システム
   終末高高度防衛(THAAD)ミサイル防衛システム
について、韓国とはいかなる公的協議、議論を行っていないと発言した。

 

 THAADをめぐる米中韓の駆け引きは激化しており米国は同盟国・韓国とのミサイル防衛システム構築に積極的だ。

 これを懸念するのが中国の立場だ。

 中国国防部の常万全(チャン・ワンチュエン)部長は4日、韓国でTHAADへの憂慮を表明した。

 韓国国内でも米中の争いに巻き込まれないようTHAADとは距離を置くように求める声が根強くあるのも事実だ。


 米国の同盟国である韓国と持続的な協議を行っていると10日に発言していた。
 わずか3日前の発言をひっくり返したことになる。


 
 

 
 

 
  

« 力を誇示する狙い | トップページ | 行く末を予想する上で過去の記録はほとんど参考にならない。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終末高高度防衛(THAAD)ミサイル防衛システム:

« 力を誇示する狙い | トップページ | 行く末を予想する上で過去の記録はほとんど参考にならない。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ