« アジアインフラ投資銀行(AIIB) 参加国は40か国以上 | トップページ | 当面は金をロングにする確信がない。 »

2015年3月30日 (月)

3月のユーロ圏景況感 回復安定化の兆しか3年半ぶりの高水準。

 

 ユーロ圏の3月の景況感指数はギリシャがいまなお資金繰りに苦しんでいるものの、欧州域内景気が弱々しいながらも安定化しつつある兆候が示され、約3年半ぶりの高水準に達した。

 

 欧州連合(EU)の欧州委員会が30日発表した3月のユーロ圏景況感指数は
   103.9
と2011年6月以来の高水準となった。

 

 事前のエコノミスト調査では103への上昇が見込まれていた。
 なお、2月は102.3に上方修正(改定前102.1)された。

 欧州委員会によれば、3月の製造業景況感指数はマイナス2.9(前月 マイナス4.6(改定))に改善した。

 なお、消費者信頼感もマイナス3.7と、2月のマイナス6.7から改善した。

 

サービス業の景況感指数はプラス6(前月改定値プラス5.3)に上昇した。

 
 
 
  

« アジアインフラ投資銀行(AIIB) 参加国は40か国以上 | トップページ | 当面は金をロングにする確信がない。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« アジアインフラ投資銀行(AIIB) 参加国は40か国以上 | トップページ | 当面は金をロングにする確信がない。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ