« イエメン暫定大統領、リヤドに到着 | トップページ | ギリシャ 2月に銀行預金が流出し、残高が10年ぶり低水準。 »

2015年3月27日 (金)

イエメンへの地上軍投入、現時点で計画せず(サウジ軍報道官)

 

 サウジアラビア軍報道官は26日、サウジアラビアは直ちにイエメンに地上軍を投入する計画はないと述べた。

 

 ただ、同盟国とともに必要が生じた場合は、サウジアラビア、および同盟国の陸軍はいかなる攻撃にも反撃する用意を整えていると続けた。 
 
  

 

ひとこと

 サウジアラビアがサウード家により支配された政治体制自体が、専制国家であり、成立自体がイスラム原理主義の一派であるワッハーブ主義の保護者として正統性から絶大な地位を持ち、安定した政権を保ちつづけている。

 国家成立時にはワッハーブ主義という宗教的な力背景を利用してナジュド北部の支配者ラシード家を滅ぼして勝ち取ったものである。

 一夫多妻制でネズミ算的に増加し国民2700人前後に1人の割合で王族が居るため、王族以外の部族との摩擦が大きく、力関係でも王族間に温度差が生じている。

 このため、地上軍を侵攻させた場合にサウジ国内でこれまで国民を監視してきた力が弱まり反乱等が起こる可能性も否定できない。

  
 
 
 

 


 
 

   

 
  
 
     

« イエメン暫定大統領、リヤドに到着 | トップページ | ギリシャ 2月に銀行預金が流出し、残高が10年ぶり低水準。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イエメンへの地上軍投入、現時点で計画せず(サウジ軍報道官):

« イエメン暫定大統領、リヤドに到着 | トップページ | ギリシャ 2月に銀行預金が流出し、残高が10年ぶり低水準。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ