« 年内利上げは低インフレでは危険過ぎる。 | トップページ | 原油生産は横ばいで推移 »

2015年3月26日 (木)

米国の失業率は「極めて順調に」低下。

 

 米国のシカゴ連銀のエバンス総裁は25日、英国のシンクタンクの公的通貨・金融機関フォーラム(OMFIF)主催のイベントの講演で、米国の失業率は「極めて順調に」低下していると述べた。

 然しながら、インフレ率は依然低過ぎるため年内の利上げは正当化できないとの見解を示した。

 エバンス総裁はインフレ率が1、2年のうちに連邦準備制度の目標である2%に達することが明確になるまでは、われわれが金融引き締めを急がなければならない差し迫った理由は存在しないと指摘した。

 経済情勢は2016年までの利上げ先延ばしを正当化するように進展していると考えられると語った。

 

 インフレ率が「極度に緩慢なペース」で上昇し、18年まで2%に到達しないだろうと警告した。

 ただ、自身の予測よりもさらに遅いペースになる恐れもあり、米ドル高が物価の下押し圧力の一因となっていると説明した。

 
 
  
 
     
  

« 年内利上げは低インフレでは危険過ぎる。 | トップページ | 原油生産は横ばいで推移 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国の失業率は「極めて順調に」低下。:

« 年内利上げは低インフレでは危険過ぎる。 | トップページ | 原油生産は横ばいで推移 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ