« 米経済活動は活発どころか、失速している。 | トップページ | 敵に塩を送る行為は本来はあり得ない。 »

2015年3月14日 (土)

イラク政府側が「イスラム国(IS)」の支配地域の約25%を奪還

 

 米国防総省のウォーレン報道部長は13日の記者会見で、過激派武装組織「イスラム国(IS)」によるイラク国内の支配地域について、イラク政府側が約25%を奪還したと記者会見で述べた。

 

 イスラム国が支配してきた約5万5千平方キロのうち最大1万3700平方キロを取り戻した。

 奪還した地域は主に少数民族クルド人の治安部隊ペシュメルガが治安維持に当たっているという。

 

 また、イラク中部のイラク軍の訓練を行っている基地で
   対外監視活動
をしていた米兵1人が攻撃を受け、軽傷を負ったことを明らかにした。

 

昨年の空爆開始後、攻撃による初の米兵の負傷としている。

 奪還領域についてケリー国務長官が2月下旬に3割と主張したのに対し、国防総省は数%にとどまるとするなど米国政府内で認識が割れていた。

 
 
 
 

  

« 米経済活動は活発どころか、失速している。 | トップページ | 敵に塩を送る行為は本来はあり得ない。 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 米経済活動は活発どころか、失速している。 | トップページ | 敵に塩を送る行為は本来はあり得ない。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ