« 重火器を撤去する取り組みを強化する姿勢(ウクライナ) | トップページ | 政策変更の市場見通しを和らげることは不可能(中国) »

2015年3月 6日 (金)

プラチナの余剰供給がはけるのは2年から2年半先

 

 貴金属生産会社で業界2位インパラ・プラチナム・ホールディングスの
   テレンス・グッドレースCEO
は記者団に対し、プラチナの余剰供給がはけるのは2年から2年半先で、価格が上昇し始めるのは来年下期(7-12月)になるとの予想を明らかにした。

 
 
 
  
 
 
 
 

« 重火器を撤去する取り組みを強化する姿勢(ウクライナ) | トップページ | 政策変更の市場見通しを和らげることは不可能(中国) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラチナの余剰供給がはけるのは2年から2年半先:

« 重火器を撤去する取り組みを強化する姿勢(ウクライナ) | トップページ | 政策変更の市場見通しを和らげることは不可能(中国) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ