« 国際金融グループの悪行のひとつ | トップページ | 金正恩体制が、労働新聞の部数増大に力を入れているが不発。 »

2015年4月24日 (金)

不正の代償は制裁金25億ドル(約3000億円)の支払いと大きい。

 

 ドイツ銀行へのロンドン銀行間取引金利(LIBOR)操作に対する制裁金25億ドル(約3000億円)はこれまでの最高額で、スイスのUBSグループの支払額をはるかに上回るもの。

 合意文書ではドイツ銀行の行員が不正行為を繰り返していたことや調査官への同行の対応の遅さなどを示した。

 

 今回の措置は、新戦略発表を準備しているアンシュー・ジェイン、ユルゲン・フィッチェン両共同最高経営責任者(CEO)には打撃だ。

 

 両CEOは電子メールで「今回の問題は極めて遺憾であることを明らかにした。
 なお、この合意をもって、過去を是正するさらなる一歩とするとコメントした。

 

 
 
  

« 国際金融グループの悪行のひとつ | トップページ | 金正恩体制が、労働新聞の部数増大に力を入れているが不発。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不正の代償は制裁金25億ドル(約3000億円)の支払いと大きい。:

« 国際金融グループの悪行のひとつ | トップページ | 金正恩体制が、労働新聞の部数増大に力を入れているが不発。 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ