« ギリシャの銀行への支援縮小を検討(ECB) | トップページ | 金の役割は終焉? »

2015年4月22日 (水)

売上高270億ドル超の巨大ジェネリックメーカーが誕生?

 

 イスラエルのテバファーマスーティカル ・インダストリーズは同業の米くにのマイランに対し
   約401億ドル(約4兆8000億円)規模
の買収案を提示したことが21日に発表された。

 

医薬品業界の買収提案としては今年最大の規模となる。

 ジェネリック(後発医薬品)メーカー最大手のテバは、マイラン株1株につき82ドルを現金と株式で支払う案を示した。

 これはマイラン株の16日終値を約23%上回る水準。

 ブルームバーグ・ニュースは17日、テバがマイランへの買収提案を検討していると報じていた。

 その後マイランは同日の発表資料で、身売りに関心はなく、合併が独禁審査を通過するとは考えられないとコメントしており、敵対的買収の提案のようだ。

 

 この買収が実現した場合、売上高270億ドル超の巨大ジェネリックメーカーが誕生することになる。

 

 
 
    

« ギリシャの銀行への支援縮小を検討(ECB) | トップページ | 金の役割は終焉? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 売上高270億ドル超の巨大ジェネリックメーカーが誕生?:

« ギリシャの銀行への支援縮小を検討(ECB) | トップページ | 金の役割は終焉? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ