« ギリシャの戦争賠償請求に取り合わず(ドイツ) | トップページ | ユーロ圏の競争力を高めるために為替レートを利用するのは欧州連合(EU)法に違反 »

2015年4月 8日 (水)

米ドルが再び買い進まれていると指摘。

 

 RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニアマーケットストラテジスト
   フィル・ストライブル氏
はメディアとのインタビューで、米ドルが再び買い進まれていると指摘した。

 その結果として金は下落している。

 米国経済については、引き続き回復の勢いを増す可能性が高いとの見方が根強いと述べた。  
 
  

 

 

ひとこと

 景気回復の流れが続けば量的緩和策の縮小で市場から資金を引き揚げたとしてもECBの量的緩和が続けば差引相殺されて市場にある資金の量は変わらない。

 金融市場を流れる資金の居所が変わるだけのこと。

 
 
 

 


 
 
 
    
 
   

 

« ギリシャの戦争賠償請求に取り合わず(ドイツ) | トップページ | ユーロ圏の競争力を高めるために為替レートを利用するのは欧州連合(EU)法に違反 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米ドルが再び買い進まれていると指摘。:

« ギリシャの戦争賠償請求に取り合わず(ドイツ) | トップページ | ユーロ圏の競争力を高めるために為替レートを利用するのは欧州連合(EU)法に違反 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ