« 労働市場はまだすべて順調。 | トップページ | イランは経済制裁で減少していた原油生産の回復に一歩近づいた。 »

2015年4月 4日 (土)

3月の雇用統計

 

 米国労働省が発表した3月の雇用統計によると、雇用者数の伸びは2013年12月以降で最小だった。

 また、家計調査に基づく失業率は前月から変わらずの5.5%だった。

 3月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は
   前月比+12万6000人
の増加にとどまった。

 事前のエコノミスト予想の最低値の24万5000人増を下回った。

 前月は26万4000人増加と、速報値の29万5000人から下方修正された。

 
 

 雇用者の増加幅は2月まで1年間にわたり毎月20万人を超えていた。

 

これは1995年以降で最長だった。

 

 3月の労働参加率は62.7%に低下し、1978年以来の低水準に並んだ。

 

 平均時給は24.86ドル(前月比+0.3%)だった。

 

平均労働時間は34.5時間と前月から6分短縮した。


 労働省によると、天候のために就業不能だった労働者は18万2000人だった。
 過去の3月としての平均値を4万1000人上回った。

 部門別では製造業と建設で雇用者がいずれも1000人減少した。

 
 
 
    
   

« 労働市場はまだすべて順調。 | トップページ | イランは経済制裁で減少していた原油生産の回復に一歩近づいた。 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月の雇用統計:

« 労働市場はまだすべて順調。 | トップページ | イランは経済制裁で減少していた原油生産の回復に一歩近づいた。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ