« 財政逼迫の問題は債券の格付けより広範囲 | トップページ | 1-3月期GDPは09年以来の7%増と低成長(中国) »

2015年4月15日 (水)

ストラングル

 

 ストラングルとは、オプションへの投資戦略の一つで、同一限月、異なる権利行使価格のプットオプションとコールオプションを同数買う(売る)戦略のこと。

 あるいは、同じ限月のコールオプションとプットオプションを異なる権利行使価格で組み合わる戦略のこと。

 アウト・オブ・ザ・マネーのプットオプションとコールオプションを同数買う場合、ロングストラングルと呼び、同数売る場合、ショートストラングルと呼ぶ。

 例えば、ショートストラングル戦略を用いた場合、10,000円のプットオプションを売り、12,000円のコールオプションを売るとする。
 この場合、満期時に10,000円~12,000円のレンジにあれば売ったオプションのいずれも損益はプラスとなり、レンジを大きく外れると損益がマイナスとなっていくこととなる。

 ストラドルより保守的なポジション構成の手法となる。

 

 
  
   

« 財政逼迫の問題は債券の格付けより広範囲 | トップページ | 1-3月期GDPは09年以来の7%増と低成長(中国) »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストラングル:

« 財政逼迫の問題は債券の格付けより広範囲 | トップページ | 1-3月期GDPは09年以来の7%増と低成長(中国) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ