« マケドニア北部で銃撃戦 | トップページ | ギリシャの救済をめぐる債権者側との交渉は進展しIMFへの12日支払いも実施へ »

2015年5月11日 (月)

サイバー戦部隊の人員数を900人増強(北朝鮮)

 

 韓国の聯合ニュースが10日、韓国軍当局の情報として北朝鮮が過去8カ月の間に、サイバー戦部隊の人員数を900人増強したと報じた。

 

 韓国軍当局は同日までに把握した北朝鮮のサイバー戦人員数について、ハッカー1700人、支援要員5100人の計6800人であると明かした。

 

 韓国軍サイバー戦司令部が昨年10月の国政監査の際に報告した計5900人よりも900人多い内容である。

 

 聯合ニュースに対し「北朝鮮はサイバー戦戦力を、核・ミサイルと並ぶ非対称戦力として育成している」と韓国軍当局者が語ったという。

 

 一方、北朝鮮の朝鮮人民軍は韓国の脱北者団体が、金正恩氏暗殺を題材とした映画のDVDなどを北朝鮮へ風船で散布していることを受け、高射砲を増強し撃ち落とす訓練を行っているという。

 

 
 

ひとこと

 北朝鮮は注目を浴びたい一心なのだろう。

 

軍事力の脅威はあるが、短期間に沈黙させ政治体制を崩壊させることは容易だが、体制崩壊後に流出する武装難民の受け入れが経費を考えれば利益もないため周辺国はしたくないだけの話だ。

 
 
 
     
      

« マケドニア北部で銃撃戦 | トップページ | ギリシャの救済をめぐる債権者側との交渉は進展しIMFへの12日支払いも実施へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイバー戦部隊の人員数を900人増強(北朝鮮):

« マケドニア北部で銃撃戦 | トップページ | ギリシャの救済をめぐる債権者側との交渉は進展しIMFへの12日支払いも実施へ »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ