« 長期的には、パラジウムの動向が金を上回る | トップページ | 中国で初の中東呼吸器症候群(MERS)感染者は警告を無視して入国した韓国人ビジネスマン。 »

2015年5月29日 (金)

韓国人渡航者 中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスへの感染を確認

 

 韓国人男性は
   中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス
への感染の疑いがあったにもかかわらず中国大陸に渡航した。

 中国衛生福利部疾病管制署は29日午後、当局による検査の結果、感染が確認されたことを発表した。

 

 世界保健機関(WHO)のデータによれば、2012年9月から今年5月25日までに1139例のMERS感染例が確認されており、うち431人が死亡している。

 

感染例は中東のサウジアラビアが最多。

 

 疾管署は台湾でのウイルス感染を防ぐため、男性との接触者が台湾行きの航空機内、空港内、市中にいると確認され状況をそれぞれ想定し、検査、隔離などの対応を実施するとしている。

 

 男性はMERS感染者の家族で、26日に香港行きの飛行機に搭乗し、その後陸路で大陸入った。

 

28日から隔離されて検査と治療を受けていた。


 

 韓国では20日に初めてMERS感染が確認され、29日現在、感染者は男性を含めて10人に上っている。

  
 
 
     

« 長期的には、パラジウムの動向が金を上回る | トップページ | 中国で初の中東呼吸器症候群(MERS)感染者は警告を無視して入国した韓国人ビジネスマン。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 長期的には、パラジウムの動向が金を上回る | トップページ | 中国で初の中東呼吸器症候群(MERS)感染者は警告を無視して入国した韓国人ビジネスマン。 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ