« ネパールで再びM7.3の地震 | トップページ | モバイル広告分野での競争が激化か »

2015年5月12日 (火)

違法性否定「迂回献金ではない」と主張?

 

 日歯連(日本歯科医師連盟)の政治資金規正法違反事件で
   迂回寄付
で名前が挙がった西村正美参議院議員がメディアの取材に応じ、違法性を否定した。

 同参議院議員は「わたしは
   迂回献金という認識
じゃない」と思うので、よく知りませんと述べたという。


 

 日歯連は、2013年1月、民主党の西村正美参議院議員の後援会を経由して、法律の上限を超える9,500万円を、自民党の
   石井 みどり参議院議員
の後援会に迂回寄付した疑いが持たれている。

 これまで「一切存じ上げません」と西村議員は文書でコメントしていたが、12日、「迂回献金ではない」との認識を示し、「知らないものは知らない」と述べた。

 
  
 
 

ひとこと

 「迂回献金」ではなければ、寄付したものはいったい何と認識していたのだろうか...

 議員が受けた献金されたお金を他の議員に寄付すること自体おかしなものだ。議員活動を支援するために献金したお金を他の議員に寄付する行為が問題ないとしても、倫理的にはおかしい。

 お金に色はつかないというが、紐がついている献金であれば、鵜飼(迂回)にもなりかねないかも。

  

    
   

« ネパールで再びM7.3の地震 | トップページ | モバイル広告分野での競争が激化か »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 違法性否定「迂回献金ではない」と主張?:

« ネパールで再びM7.3の地震 | トップページ | モバイル広告分野での競争が激化か »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ