« 米国債利回りが年末時点で2.35%にとどまると予想 | トップページ |  「供給は常に心配の種」 »

2015年5月19日 (火)

サウジアラビア主導の連合軍が空爆再開

 

 サウジアラビア主導の連合軍は18日、イエメンのイスラム教シーア派系武装組織「フーシ派」に対する空爆再開は、フーシ派など武装勢力が人道停戦を尊重しなかったためだと主張した。

 サウジ軍高官は「フーシ派は戦闘を中止せず、国境地帯やイエメンの各都市で攻撃を続けた」と空爆再開の正当性を訴えた。

 

 連合軍は5日間の停戦期間が終了した17日、空爆を再開したもの。

 
 
 
 

« 米国債利回りが年末時点で2.35%にとどまると予想 | トップページ |  「供給は常に心配の種」 »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サウジアラビア主導の連合軍が空爆再開:

« 米国債利回りが年末時点で2.35%にとどまると予想 | トップページ |  「供給は常に心配の種」 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ