« 北朝鮮当局に高射砲で処刑されたと報道 | トップページ | シドニーの住宅より割安な金山。 »

2015年5月15日 (金)

米国経済に対する見方が悪化。

 

 米国の消費者信頼感は5週連続で低下、経済に対する見方が悪化した。

 

 14日発表された10日終了週のブルームバーグ米消費者信頼感指数は
   43.5(前週 43.7)
だった。

 

5週連続での下げは2013年後半以来の長期低下だ。

 同指数の項目別指数では、景況感の指数が5カ月ぶりの低水準となった。


 ブルームバーグ消費者信頼感指数は今年の平均(44.9)を下回ったものの、07年以来の高水準となった昨年の平均(36.7)は大幅に上回っている。

 
 
 

 
   

« 北朝鮮当局に高射砲で処刑されたと報道 | トップページ | シドニーの住宅より割安な金山。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国経済に対する見方が悪化。:

« 北朝鮮当局に高射砲で処刑されたと報道 | トップページ | シドニーの住宅より割安な金山。 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ