« 飼料用米生産が過去最高 畜産業界がトウモロコシ輸入削減 | トップページ | 5月米雇用者数は予想上回る28万人増、時給も増加 ただし、失業率は上昇 »

2015年6月 5日 (金)

FOMCは初回利上げを2016年前半まで先送りするべき

 

 国際通貨基金(IMF)は「米国経済に関する報告書」で、米経済成長予測を引き下げ、連邦公開市場委員会(FOMC)は初回利上げを2016年前半まで先送りするべきだとの認識を示した。

 なお、IMFによる米成長率予測引き下げは今年に入り2度目となる。

 米ドル相場は「やや過大評価されている」との見方を示し、さらに著しく上昇した場合は「悪影響が予想される」と指摘した。

 
  
  


     

     


    

« 飼料用米生産が過去最高 畜産業界がトウモロコシ輸入削減 | トップページ | 5月米雇用者数は予想上回る28万人増、時給も増加 ただし、失業率は上昇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FOMCは初回利上げを2016年前半まで先送りするべき:

« 飼料用米生産が過去最高 畜産業界がトウモロコシ輸入削減 | トップページ | 5月米雇用者数は予想上回る28万人増、時給も増加 ただし、失業率は上昇 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ