« 中国人観光客10万人が6月の韓国旅行をキャンセル | トップページ | ギリシャに関する不測の事態へのヘッジ »

2015年6月11日 (木)

米国債市場で金融機関が談合の情報で米司法省が情報収

 

 米国司法省は
   米国債市場
でのトレーディングに関する情報収集に着手したと、事情に詳しい3人の関係者がメディアの取材で明らかにした。

 なお、現時点では米国債市場のどの部分に検察当局の焦点が絞られているのか不明で、ウォール街の銀行に対する特定の疑惑が調査を促したのかについても、明確になっていない。


 金融の中心であるウォール街の不正行為に関してはこれまで、外国為替市場などに関する調査などで巨額の罰金や制裁金を伴う決着に至っている。

 

 関係者によると、米司法省は金と銀の貴金属市場、さらには一部の石油指標に絡んだトレーディングにも談合の疑いがあるとして目を向けた。

 

 米国債市場に対する調査はまだ初期の段階にあるが、金融機関の間で情報が不適切に共有されたかどうかが焦点となる。

 

 ニューヨーク・ポスト紙が8日、米国債市場に当局の調査の目が向けられていることについて先に報じていた。

  
 
 
 
 
   

« 中国人観光客10万人が6月の韓国旅行をキャンセル | トップページ | ギリシャに関する不測の事態へのヘッジ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2283256/63984797

この記事へのトラックバック一覧です: 米国債市場で金融機関が談合の情報で米司法省が情報収:

« 中国人観光客10万人が6月の韓国旅行をキャンセル | トップページ | ギリシャに関する不測の事態へのヘッジ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ