« 歴史的な円高が修正される中で日本経済が恩恵を受けていることも認識。 | トップページ | 7階建てのマンションが崩壊(中国) »

2015年6月11日 (木)

移民の就労制限は英国経済を劣化させる。

 

 インスティチュート・オブ・ディレクターズ(ロンドン)を率いる
   サイモン・ウォーカー氏
は英国政府の移民の就労制限等に関する計画には英国の経済成長を損ねるリスクがあると指摘した。

 ビザのコストを一段と引き上げる提案は本質的に、外国人雇用への課税も同然であり英経済の土台に世界各国からの技術・技能があることを考えれば、これは大変に奇妙にみえると電子メールで明らかにした。

 

 
    

« 歴史的な円高が修正される中で日本経済が恩恵を受けていることも認識。 | トップページ | 7階建てのマンションが崩壊(中国) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移民の就労制限は英国経済を劣化させる。:

« 歴史的な円高が修正される中で日本経済が恩恵を受けていることも認識。 | トップページ | 7階建てのマンションが崩壊(中国) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ