« 向こう数週間のギリシャのユーロ離脱確率は85%(PIMCO) | トップページ | ユーロ圏に新たな救済プログラムをギリシャ首相が要請 »

2015年6月30日 (火)

ドイツは「いつでも」ギリシャと交渉する用意ある .

 

 ドイツのメルケル首相は29日、ドイツ国内の政治指導者らとギリシャについて会合した後にベルリンで記者団に、ドイツにはギリシャが計画している7月5日の国民投票の後も含め、ギリシャ政府といつでも交渉する用意があると語った。

 ギリシャに対する債権団は妥協した提案を示したがギリシャは妥協を望まなかったと指摘した。

 また、交渉では「誰も100%主張を通すことはできない」と付け加えた。

 

 ギリシャの国民投票については、ユーロの未来にかかわるものである一方、ギリシャ国民の選択に影響を与えたくはないと主権を尊重し、「われわれはギリシャへ送るメッセージに注意しなければならない」と語った。


 
 
   

« 向こう数週間のギリシャのユーロ離脱確率は85%(PIMCO) | トップページ | ユーロ圏に新たな救済プログラムをギリシャ首相が要請 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツは「いつでも」ギリシャと交渉する用意ある .:

« 向こう数週間のギリシャのユーロ離脱確率は85%(PIMCO) | トップページ | ユーロ圏に新たな救済プログラムをギリシャ首相が要請 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ