« 米国経済が発しているシグナルがまちまちなことを 懸念 | トップページ | 貿易調整援助制度(TAA)法案を否決 »

2015年6月14日 (日)

大統領貿易促進権限(TPA)法案の成立を阻止(米国) 

 

 米国オバマ大統領に通商問題の一括交渉権を付与する
   大統領貿易促進権限(TPA)法案
の成立が民主党議員の動きによって阻止された。

 

 オバマ政権は環太平洋連携協定(TPP)の交渉妥結を2期目の中心的政策課題と位置付けている。

 TPA可決はその前提条件となる。

 

 TPPの交渉の頓挫を避けるには大統領が100人近くの民主党議員を説得し、支持を早急に取り付ける必要がある。

 

   
 
     

« 米国経済が発しているシグナルがまちまちなことを 懸念 | トップページ | 貿易調整援助制度(TAA)法案を否決 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大統領貿易促進権限(TPA)法案の成立を阻止(米国) :

« 米国経済が発しているシグナルがまちまちなことを 懸念 | トップページ | 貿易調整援助制度(TAA)法案を否決 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ