« 欧州には強力で包括的な合意が必要 | トップページ | ギリシャは18日のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)で新たな提案を示す計画はない。 »

2015年6月16日 (火)

支援で合意ができなければ波乱の時期に入る可能性

 

 フ ランスのオランド大統領は15日パリで記者団に、ギリシャ支援で合意ができなければ波乱の時期に入る可能性があると発言した。

 これはギリシャへのメッセージだと述べ、ギリ シャは時を置くことなく債権者機関との協議を再開しなければならないと続けた。

 債権者機関は国際通貨基金(IMF)とECB、欧州委員会のトロイカ。

 

 なお、ギリシャ政府は交渉再開に向けて債権者側からの呼び掛けを待っており、いつでも応答する準備があると、首相府が電子メールで発表した。

 
 

    

« 欧州には強力で包括的な合意が必要 | トップページ | ギリシャは18日のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)で新たな提案を示す計画はない。 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 支援で合意ができなければ波乱の時期に入る可能性:

« 欧州には強力で包括的な合意が必要 | トップページ | ギリシャは18日のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)で新たな提案を示す計画はない。 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ