« 金利上昇は米ドルの上昇につながるとの固定観念 | トップページ |  米国金融当局は来年まで利上げを見送るように(世界銀行) »

2015年6月12日 (金)

ギリシャの新紙幣の発行は無理な話。

 

 ウニクレディトの世界チーフエコノミストのエリック・ニールセン氏は12日ブルームバーグとのインタビューで、ギリシャの新紙幣の発行は「バーベキューの計画」も立てられないような政府にとって容易なことではないと語った。

 ギリシャ 政府には独自通貨を導入する能力はないだろうと述べ、通貨という商品の土台には信頼が必要だが、ギリシャ政府が国民の信頼を得ているとは思えないと語っ た。

  ギリシャにはユーロに代わる通貨を発行する能力がないため、ユーロ圏離脱はないだろうと続けた。

 
 
 
    

« 金利上昇は米ドルの上昇につながるとの固定観念 | トップページ |  米国金融当局は来年まで利上げを見送るように(世界銀行) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャの新紙幣の発行は無理な話。:

« 金利上昇は米ドルの上昇につながるとの固定観念 | トップページ |  米国金融当局は来年まで利上げを見送るように(世界銀行) »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ