« 経済まねきねこ カナダドル 週間展望 | トップページ | 経済まねきねこ ユーロ-米ドル 週間展望 »

2015年6月 1日 (月)

シリアなどに流入した外国人戦闘員は70%増加

 

 国連安全保障理事会では29日、各国でテロ対策を担当する閣僚やICPO=国際刑事警察機構の代表らが参加して、外国人戦闘員への対策を巡る協議が行われた。

 

 協議ではパン・ギムン(潘基文)事務総長が、シリアやイラクなどで
   過激派軍事組織(IS)
などに参加している外国人戦闘員は、去年半ばからことし3月までに70%増え、100か国以上の2万5000人に上っていると明らかにした。

 

 もはや1国で対応できる問題ではなく、各国は情報を交換し国境警備や犯罪の取締りを強化すべきだと呼びかけた。

 

 なお、テロ対策が法手続きを無視したり、人権を侵害したりすれば、逆に反発を招き過激思想を広めかねないと述べ、慎重な対応も求めました。

 
 

外国人戦闘員への対策を巡っては去年から安保理で繰り返し協議されているものの、戦闘員の増加に歯止めがかからない状況に危機感が広がっている。

 
 

  
  

« 経済まねきねこ カナダドル 週間展望 | トップページ | 経済まねきねこ ユーロ-米ドル 週間展望 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリアなどに流入した外国人戦闘員は70%増加:

« 経済まねきねこ カナダドル 週間展望 | トップページ | 経済まねきねこ ユーロ-米ドル 週間展望 »

2020年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ